ミニマリストは楽しいのか?ミニマリストになってわかったこと5選!

考える人ミニマリストに興味がある人

「ミニマリストが流行ってるみたいだけど、やってて楽しいの?」
「ミニマリストの生活を想像しただけで楽しそうに思えないけど、実際どうなの?」

 

このページでは、こういった疑問についてお答えします。

この記事を読むとわかること
  • ミニマリストが楽しいかどうかがわかる
  • ミニマリストの生活とはどんなものかがわかる
ミニマリストtkdミニマリストtkd

こんにちは、ミニマリストtkdです。

自分はミニマリストになろうと思ってから2年程ミニマリズムを実践してきました。

控えめに言って、快適生活だと言えますね。

はじめはミニマリストになったらどんな生活が待っているのか、多少の不安がありつつも期待を持ちつつ実践してきたら、予想をはるかに上回るほど充実した生活が待ってました。

やはり、実際にミニマリストになってみないとわからないことってありますね。

そこで今回は、ミニマリストになってわかったこと5つ紹介します!

スポンサーリンク

ミニマリストは『楽しい』『楽しくない』でやるものではない!

ミニマリストって、楽しい楽しくないではじめるものではないと思ってます。

ミニマリズムは、充実した人生を送るための『手段』に過ぎません。

ただし、物が減っていく過程はとてもすがすがしくて気分が良いです。

そして、物が少ない部屋で生活してるとストレスがないので快適そのものです。

スポンサーリンク

ミニマリストになってわかったこと

ここからは、そんな楽しい人生にするための手段であるミニマリストを取り入れて分かったことを紹介していきます。

本当に心から『楽しい』と思えるものに全力をそそげるようになった!

生活にゆとりが生まれるため、自分が本当にやりたいことや楽しいと思えることに、時間を使うことができるようになりました。

例えば、ブログで情報発信をすることができるようになったのも、時間的な余裕なら生まれたからに他なりません。

さらに、自分は以前から海外へひとり旅に行きたかったと思っていましたが「時間がなさそう」とか「連休とったら迷惑かな」とかよくわからないことに悩んでました。

でも、今はそんな迷いも断ち切って旅行の準備を楽しく行ってます

モノが少ないおかげで、集中力が高めやすくなった

モノが少ないと、モノを維持管理する機会が減るので精神的な消耗が少ないくなります。

モノに取られる時間や意識って意外に多く、その気になれば一日中モノの手入れや掃除などで時間と労力を奪われてしまいます。

モノ自体が少ないと、そのような維持管理コストがかからないため、本当に大切なことのみにコミットできます。

最小限の物でも、意外と生活できてしまうことがわかった

日常生活を送る上で必要なモノって、実際そこまで多くありません。

人間生まれたときは『無一物(一切モノを持ってない)』と言われるくらいですから、むしろ不要なモノの方が乱立しているくらいでしょう。

また、不要なモノでも所有した時点で執着心が少なからず出てきてしまうため、失った時のダメージも大きくなります。

最近だと2019年10月12日の台風19号被害で、所有はリスクであると改めて認識しました

いろんなことに興味がもてるようになった!

不要なモノがなくなったおかげで、新しい楽しいことに興味を持てるようになりました。

自分の場合だと、具体的には宿坊(お寺に宿泊して座禅や写経をすること)してみたいと思ったり、ヤマノススメというアニメをみて富士登山してみたいと思ったり、次々に楽しい案がふじょうしてきてます。

さらには、将来的に日本脱出するのもアリだと考えはじめたため、予行演習も兼ねてひとり台湾旅行してみたいとも思いました。

お金はそこまで必要ではないと悟った

ミニマリストのミニマルライフな思考のおかげで、支出が大幅に減ったためことでお金に対する考えが変わりました。

正直、そこまで大金稼がなくても充分楽しい人生が送れることを確信しました。

現代は支出過剰な方が多い印象であり、そのせいで家計が火の車であることがほとんどだと思えます。

固定費の見直しや、無駄な支出を削減することで、簡単にお金がかからない生活が完成します。

スポンサーリンク

【まとめ】ミニマリストになることは『楽しむ』ための手段!本気で人生謳歌させたい人向けのライフスタイル!

いかがでしたか?

ミニマリスト生活はあくまで『楽しむための手段』に過ぎないこということ。

本当に楽しいのは、ミニマリズムを取り入れた先であるということがわかってもらえたかと思います。日々の仕事やプライベートな用事に追われて、今の生活にゆとりや余裕がないと感じたら、是非ミニマリズムを取り入れてみることをおすすめします。

そこから『楽しい』生活を送るための突破口がきっと開けることでしょう!

スポンサーリンク