【人生に必須】ドラム式洗濯機で生活が変わる本当の理由【体験談あり】

ドラム式洗濯機のある生活について考える人ドラム式洗濯機のある生活について考える人

「ドラム式洗濯機がやたらおすすめされているけど、本当に良いものなの?」

「ドラム式洗濯機で生活の質が上がるって言われてるみたいだけど、本当にそうなの?」

 

このページでは、こういった疑問についてお答えします。

この記事を読むとわかること
  • ドラム式洗濯機がおすすめされる理由がわかる
  • ドラム式洗濯機でどのように生活が変わるかがわかる
シンプルな t k dシンプルな t k d

こんにちは、tkdです。

先日、ついに我が家にドラム式洗濯機を導入しました!

導入したドラム式洗濯機はシャープ『ES-S7F-WR』になります。


ここからドラム式洗濯機について詳しく解説していきますが、結論から申し上げます。

ドラム式洗濯機を導入して本当に良かった!

よくyoutuberやブロガーやミニマリストの方々がおすすめしている家電で、ダントツの1位に入っていると言っても過言ではないドラム式。

正直、最初きいたときは半信半疑な面もありましたが、導入してみて「これは確かにおすすめされるのも納得だ!」という感じになりましたね。生活の質(QOL)が爆上がりしましたので!

ちなみに、今回ドラム式洗濯機の導入をすすめる方として
・これから育児がはじまる人
・今よりも時間が欲しい人
・洗濯物を干す行為が大嫌いな人(笑)
以上の3パターンの方々をあげさせてもらいました。

そして特に導入を強くすすめるのが、これから育児がはじまる人!

絶対持ってた方がいいし、逆に持ってないと後悔しますよ!

ということで、今回はドラム式洗濯機を導入してどのように生活が変化したかを紹介します!

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機を導入した経緯

そもそも、なぜ自分がドラム式洗濯機を導入したかの経緯から説明していきます。

今夏に子どもが生まれたことで、育児と家事を同時にすることになりました。

もちろん出産後の妻はまだ体が回復していないため、家事は全て自分が行うことに。

すべてをしっかりやろうとすると、かなり体力と神経を使うことになって長く続かないなと思い、何か改善できるポイントはないものかと考えました。

結果、ドラム式洗濯機を導入して家事の時短を図ろうという結果にいたりました。

シンプルな t k d(悲)シンプルな t k d(悲)

いっとき、思考がまわらないくらいせっせと家事をやってました

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機の導入による生活の変化

ドラム式洗濯機を導入してからというもの、洗濯に関して激的に時短効果を実感できましたね。

メリットの一覧はのちのち述べていきますが、洗濯物を干す手間がなくなったおかげで日常時間にゆとりが生まれ、家事の負担がなくなっていきました。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機のメリット

ここからは、ドラム式洗濯機のメリットについて解説していきます。

乾燥機能により干す手間がなくなった

ドラム式洗濯機の乾燥機能により、洗濯物を干す手間がなくなりました。

正直、乾燥機能こそがドラム式洗濯機を導入する最大のメリットと言えます!

今まで縦型の洗濯機を使ってたんですが、当然のように洗濯物を干してました。

でも、生活が忙しくなるにつれて干す手間と時間がもったいなく感じてくる始末。

仮に1日1洗濯1洗濯物干しをしたとして、干すのに10分くらいかかったとしましょう。

1ヶ月でおよそ5時間、1年で60時間も洗濯物干しに時間が奪われていることとなります。

正直、その時間があったら寝るか遊ぶかできますからね!

乾燥機能により天候を気にしなくてよくなった

雨が降ってる日なんかは洗濯物を干してもなかなか乾かないからテンション下がりますよね。

天候を気にしながら洗濯をしないといけないのは軽いストレスともいえるでしょう。

しかしドラム式洗濯の乾燥機能があるおかげで、そのストレスとはおさらばできました!

春夏秋冬天候に関わらずに洗濯物が乾かせるのはホント強い!

タオル類がふかふかになってテンションがあがる

タオル類がカラッと仕上がって出てくるのもポイント高いですね。

ドラム式洗濯機を使うようになってわかったことなんですが、タオル類は干すよりも乾燥機能にかけたほうが仕上がり良い!

ふわふわした肌触りになるため、育児をはじめたばかりの自分にとってはうれしい限りでした。

シンプルな t k d(楽)シンプルな t k d(楽)

ふわふわタオルなら、沐浴や風呂あがりの赤ちゃんをやさしく包むことができて安心!

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機のデメリット

ここからは、ドラム式洗濯機のデメリットについて解説していきます。

正直そこまで大きく致命的な内容ではありませんが、参考までに見てもらえればと思います。

乾燥をかけれない衣類もある

洗濯した衣類の中の一部には、乾燥機にかけれないものもあります。

服のタグに『洗濯表示』というものが記載されており、この服はどのような洗濯方法と乾燥方法ができるかがイラストで表現されてます。

実際にドラム式洗濯機を導入した当初に、Tシャツを乾燥してみたらシワシワ状態で出てきてビックリしたことがあります。

半乾きとかはなくしっかり乾燥はされていましたが見た目がちょっと残念だったので、それ以降Tシャツは乾燥前に洗濯機から取り出してハンガーで干すようにしてます。

シンプルな t k d(楽)シンプルな t k d(楽)

まぁシワとか気にならない人にとっては、何も問題ないでしょうが見た目は重要ですからね。

とは言っても、あくまで洗濯物の一部が乾燥に不向きなために干しているに過ぎないので、大部分の洗濯物はそのまま乾燥にかけてます。

洗濯から乾燥完了まで数時間はかかる

乾燥時間が結構かかるのが、たまに厄介だなと感じることはあります。

ドラム式洗濯機の洗濯の時間は縦型とそこまで差はありませんが、乾燥時間が数時間は係ることがあり、その間は洗濯物を取り出しができなくなります。

とはいえ、基本的に洗濯乾燥している衣類を途中で取り出すシーンはほぼ考えられないため、そこまで致命的なデメリットとは言えないでしょう。

値段が高い

ドラム式は縦型に比べて値段が高いです。

おそらくドラム式洗濯機の購入を躊躇する一番の要因なのではないかと思います。

縦型は数万円から購入できるのに対し、ドラム式洗濯機は十数万から数十万までしますからね。

余裕の十万超え。。。

シンプルな t k d(悲)シンプルな t k d(悲)

昨年の現金給付金1人分使っても、新品のドラム式洗濯機は買えない(涙)

でも、たとえ十万円以上払ったとしてもドラム式洗濯機を導入するメリットは大きいと言えるでしょう。

メリットがデメリットを上回ってます!

こればかりは先行投資と割り切って、思い切るほかありません。

ドラム式洗濯機の選び方

ドラム式洗濯機を買うときの選び方を説明します。正直、細かいスペックの違いとか機能とかは他のまとめブログとか電気屋さんで確認する方が確実かと思うので、ここでは割愛します。

ただ、これだけは絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

『ドラム式洗濯機は絶対に乾燥機能付きを買うこと!』

何を言っているんだと思われているかもしれませんが、実はドラム式には乾燥機能がついていないモノも存在します。

価格が十万円以下のため、「安いドラム式もあるじゃん!」って飛びつく事だけはしないようにしてください。

乾燥機能がついてないドラム式洗濯機なんてホント無意味ですからね!

【まとめ】生活の質(QOL)を向上させたい方にとってドラム式洗濯機は必須!

ドラム式洗濯機導入による生活の質の向上とメリットデメリットについて紹介しました。

今忙しい人やこれから忙しくなりそうな人、あと洗濯物を干すのがすこぶる嫌いな人は絶対にドラム式洗濯機の導入を検討してみてください。

洗濯物を干すという行為から解放されて自由時間が増える感覚はまさに至福です!

よりよい生活を得る為の便利家電を積極的に取り入れていくと、マジでゆとりのある日常が手に入りますよ!


スポンサーリンク