本を買うべき理由4選!買った方が知識が身に付きやすいワケ

考える人これから読書をはじめたいと思ってる人

「これから読書をはじめたいけど、本は買うべきか借りるべきかで迷ってる」
「本は買った方がメリットがあるのか知りたい」
「できるだけ安く本を買う方法を知りたいな」

 

このページでは、こういった疑問についてお答えします。

この記事を読むとわかること
  • 本はなるべく買うべきである理由がわかる
  • 本をできるだけ安く購入できる方法がわかる
ミニマリストtkdミニマリストtkd

こんにちは、ミニマリストtkdです。

自分が本格的に読書にハマって、かれこれ5年になります。

いまでも完全に読書にハマっており、気づけば年間50冊程(週1冊ペース)は本を読んでます。

図書館で本を借りるときもありますが、新書だとなかなかおいてなかったりするため、Amazonやメルカリやツタヤなど実際の書店で購入することが増えました。

本を買って読むようになって思ったのが「買って読んだ方が結果的にメリットありそうだ」ということ。

そこで今回は、本は実際に買って読むべき理由4選を紹介します!。

スポンサーリンク

本は借りるより買うべき理由

折り曲げたりマーカーを付けたりできる

本を買ってしまえば、読んでて気になったページを折り曲げたり、気になった文へマーカーを塗ったり書き込んだりできます。

人や図書館から借りた自分であれば、そんなことは絶対にできませんが、買った本なので正直何をしても文句は言われないです。

折ったり書き込んだりできると、あとで見返す時にとてもラクですね。

本を返却する必要性が無い

人や図書館から借りると必ず返却期限がありますが、買った本であればそんなものはあるないです。

ゆっくり自分のペースで好きな時に読めます。

新品だと気分よく読める

新品の本は、とても気分良く読むことができます。

まだ誰も読んでいない本を、自分がはじめて読むときの感覚は、ホント贅沢以外のなにものでもありませんね。

時間を無駄にしなくてすむ

本は買ってしまえば、時間的な無駄が大幅に短縮されます。

借りにいく時間、返却しにいく時間、返却を意識して読む時間を前もってスケジュールしておく時間などなど、考えはじめたらキリがありません。

スポンサーリンク

本をできるだけ安く買う方法

ここからは、本を出来るだけ安く買う方法をご紹介します。

中古本を購入する

中古本は新品に比べて安く購入できるのでおすすめです。

ネット通販のAmazonでもセラー商品として中古本が多く売られてます。
(Amazonは中古本の販売がルーツの会社です)

ただし、著者に印税は入らないので、著者を応援したいという方は新品で買うべきでしょう。

メルカリなどのフリマアプリで購入する

メルカリなどのネットで個人売買ができるアプリを使うのもおすすめです。

メルカリ読者という言葉があるように、読み終えた後にメルカリで販売してお金を回収する方法もあります。

実質的に本をレンタルしているような感じですね。

考え方が『所有する』から『共有する』にシフトしてきている動きであると言えます。

学生生協で購入する

大学などの学生生協で購入する方法もあります。

場所によっては、定価より10%も安く購入できます。

家の近くに大学などの教育機関があると便利ですね。

クレジットカードを使う

クレジットカード決済にてポイントを貯めるのも賢い方法です。

クレジットカード決済時にポイントが貯まるので、貯まったポイントだけで本を購入出来たりもします。

クレジットカードを持つ際は、還元率や年会費に注意して取り入れてみると良いでしょう。

ミニマリストtkdミニマリストtkd

自分は信頼と実績のある年会費永年無料の楽天カードでほとんどの支払いを完結させてます。大手であることと、審査も取りやすいので非常に重宝してますね。


タマタマ

くれぐれも、使いすぎには注意するにゃ!

スポンサーリンク

本は買った方が知識が身に付くワケ

人間はお金を使ったものに関してはもったいない精神が働くので、きちんとよく読むようになります。

途中まで使ったものは最後まで使い切りたいといった感覚に近いです。

きちんと本を読むようになると、爆速で知識が身につきます!

スポンサーリンク

【まとめ】本はたくさん安く買うべき!買った本は読み応えが別格!

いかがでしたか?自分で身銭を切って買った本は、読み応えが断然違います。

できればたくさん買ってより多くの本を読むと人生豊かになっていくこと間違いなしですが、お金の心配も少なからずあるのが事実。

少しでも賢い買い方で節約しながら本を買っていくのがベストですね。

活字離れがすすんでいる今だからこそ、自分で買った本を読みこんで、周りとの差をつけちゃいましょう!

スポンサーリンク